category: 技術  1/2

スポンサーサイト

No image

GamepadAPIを使ってゲームを市販のコントローラーで操作できるようにしてみる:応用編

No image

こんにちは。なるとりっくのシステム担当です。今回は応用編ということで、画面遷移を考慮したGamepadAPIの使い方を書いていきます。ゲームを作るとなるとトップ画面やコンフィグ画面やセーブ画面などいろんな画面が必要になってきます。そしてそれら全てにそれぞれの画面に応じたボタン押下時のイベントをGamepadAPIで付与しなければなりません。それとイベントを付与するだけでなく、削除の事も考える必要があります。例えば画面...

GamepadAPIを使ってゲームを市販のコントローラーで操作できるようにしてみる:基礎編

No image

お久しぶりです! なるとりっくのシステム担当です!今回はタイトル通りゲームをコントローラーで操作できるようにしてみたいと思います。GamepadAPIを使うということで、Webベースのノベルゲームが対象になっています。今回は基礎編という事で、基本的なGamepadAPIの使い方の紹介と導入をしていきます。環境としてはOS:MacOS、ブラウザ:Chrome、同時に接続するコントローラーは一台まで、という前提でやっていきますので、環境に...

画像ファイルの配列を自動で作成する

 tf.images = ["aaa.png", "bbb.png", "ccc.png"];画像のプリロードをするときに上記のような対象ファイルの配列を作成すると思いますが、ファイルの数が多くなってくると一つ一つ書いていくのは非常に手間になると思います。そこで自動で画像ファイルの配列を作成してくれるスクリプトを作成してみました。以下使い方です。新規ファイルを作成し、以下の記述をコピー&ペーストしmakePreloadImages.shというファイル名で保存...

ティラノスクリプトで作成したゲームをWEBで公開したら重すぎる件についての対策 その3

No image

(記事:じゅんくん)その3です。その1とその2で「シナリオファイルの取得に時間がかかると不具合の原因になる」「シナリオファイルが変わる場合はその都度サーバーからシナリオファイルを取得しに行くので時間がかかる」ということを書いてきました。今回は対策について書いていきます。以下の三つの対策を考えてみました。1.すべてのシナリオを一つのファイルに記述する2.ブラウザでプレイできる形式での公開はしない3.キャ...

ティラノスクリプトで作成したゲームをWEBで公開したら重すぎる件についての対策 その2

No image

(記事:じゅんくん)その2です。実際にBuddy Collectionでどういった不具合が起きたのかということと、不具合の原因を詳しく書いていきます。ちょっと長いので、読むのがめんどくさい方は最後のまとめの部分だけ読んでも大丈夫です。その1でも書きましたが、Buddy Collectionで起きた不具合は大きなもので二つありました。(ほかにも細かい不具合がいくつかあった気がしましたが忘れてしまいました・・・)1.NEWGAMEをクリック後...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。